音源制作

今はツールが発達してますので音楽の知識がまったく無くてもちょっとしたキャッチやループ系BGMであれば簡単に作れてしまいます。ひと昔前みたいに高価なハードウェア機材も必要とせず、 パソコンひとつでマルチトラックレコーディングもオーディオ編集も可能な時代です。 プロとアマの制作環境に垣根がなくなり、流通方式も物販からダウンロード販売が主流となり、 誰もがほんの少しのお金でアーティストデビューできる時代となりました。もちろん市販の作品には、作詞、作曲は当然として市場にリリースされるまでの過程においてレコーディングやミキシング、マスタリングに特化した職能が存在するのは事実ですが、彼らが扱う高価なハードウェアもソフトウェアによるシミュレーションがすすみ、個人の経済力でもなんとか入手できるところまできています。 しかしそれでもプロとアマでは作品のクオリティに歴然とした差があるのはなぜでしょうか。その答えのひとつとして、制作環境に差がなくなりつつあるとはいっても、明確なビジョンとコンセプトを持って音楽を創ろうとすれば、「音楽そのものを知っている」必要があるからだと私は考えます。コストパフォーマンスを維持しながらクォリティの高いものを提供しようとするのであれば、音楽に対するインテリジェンスとそれを具現化するためのスキルをひとりのクリエーターが持ち合わせている必要があるのです。もちろん、fromage blanc recette では、作曲、編曲、ミックス、マスタリングの一連の作業を私ひとりが行います。

ヴォーカル録り・ミックス

私自身が作家として前々から仮歌をサクッと入れてもらえるようなサービスあったらいいのになと考えていました。音源の進化もすさまじく、生楽器系のシミュレーションもかなりすすんだ現在、DAWを駆使したパソコン内での完パケもそうめずらしくはありません。 しかしボーカルだけはまだまだソフトウェアでは代替できません(改めて人間の声ってすごいと思います)。楽曲コンペ等で仮歌がほしいときにご利用ください。ボーカロイドやシンセメロで入れるよりもグンと採用率が上がります。もちろん本歌として入れてほしいというご要望にも対応致します。コーラスラインの提案は無料でおこないます。 ギターとサックスによるソロ入れもご相談ください。コネを最大限利用して対応致します。もちろんプレーヤーはプロフェッショナルです。ニコニコ動画などへのアップロードを目的とした個人の歌い手さんにもぜひご利用いただきたく思います。ボーカルトラックのミックス、ピッチ補正、音圧上げ等もご相談ください。(ヴォーカリストの派遣は致しません)

ウェブデザイン

ウェブデザインというと基本「見た目」だけの話になりがちですが、忘れてならない要素は何を一番に伝えたいのか、そしていかにして効率的に伝えるかということです。いくら見た目がカッコ良くてもコンバージョン(たとえば通販サイトであれば「購入する」こと)につながらないのでは意味がありません。ユーザーのリクエストにどれだけ早く対応できるかということはウェブデザインの重要な要素であり、そこには心理学的、人間工学的な観点からのアプローチも必要です。たとえば、「赤」という色は人の購買意欲を掻き立てる効果があるといわれています。某大手ショッピングモールサイトの配色を見ていただければお分かり頂けると思います。また、ほとんどの人は「白」「青」に清潔なイメージを持っているので、この色をメインに据えた配色パタンはコンプライアンスを重要視する企業サイト等で多く取り入れられています。fromage blanc recetteでは視覚的部分のみでなく論理的なアプローチにもこだわったデザインを提供します。

iPhoneアプリ開発

ひとくちにiPhoneアプリといってもプログラミングのスキルのみでリリースできるものではありません。日々を追うごとにそのリリース審査は厳しくなり、レビューチームとのコミュニケーションスキルも重要となってきています。また、Apple社では厳密なユーザーインターフェースのガイドラインを設けており、開発の際にはこれに即したインターフェース設計とApple社が提供するAPIに対する高度な知識を要します。「アイデアはあるのだけど…」という方はぜひ一度ご相談ください。